出雲大社創建は8世紀頃???

古代史に少しでも興味のある方なら

この「出雲大社創建は8世紀頃???」というタイトルを見ただけで

「読むに値しない『トンデモ説』だ」と思われるかも知れません。

でも、このページを閉じる前に

出雲大社の創建がいつのことなのか明言してみてください。




a0077487_984169.jpg




古事記に書かれているように、

大国主命を祀る宮を建てたのは国譲り神話の部分。

「天孫降臨」の前であり、その天孫降臨は

彦火火出見が大和へと向かう(神武の東征)の

百七十九万二千四百七十余年前のこと(日本書紀)。

その年代の信ぴょう性はともかく、「出雲大社」の起源は「神代」のことです。

「神話」ではなく「歴史」として考えるならば、

あり得ない話だと言えそうです。




s-izumodaijingu.jpg



本家「龍水御朱印帳」

出雲大神宮 その1」の記事でご紹介した『丹波国風土記』逸文

奈良朝のはじめ元明天皇和銅年中、大国主命御一柱のみを島根の杵築の地に遷す。
すなわち今の出雲大社これなり。



つまり出雲大社の御祭神・大国主命は、

丹波・亀岡の出雲大神宮から勧請されたと書かれているのです。

にわかには信じがたい内容ですが、出雲大社の創建時期も謎です。

出雲大社の創建時期に疑問を持ったのは数年前のことです。

「平成の大遷宮」にともなう「出雲大社本殿・特別参観」に参加したとき

慌ただしい駆け足の旅でしたが、出雲地方の神社を何社か回りました。




a0077487_18253576.jpg


出雲ではいくつかの気づきや発見があったのですが、

驚いたのは「熊野大社」の存在。

和歌山県の「熊野本宮大社」との関連も気になりましたが、

何よりもここも「出雲国一ノ宮」と称していたこと。

そして調べてみると、出雲大社の祭祀を執り行う出雲国造家は

元々はこの意宇、大庭地域が本拠地だったことがわかりました。

意宇川流域とその周辺にはこの熊野大社をはじめ

出雲国庁跡、神魂神社、八重垣神社などがあります。

では、いつ頃から出雲国造家は出雲大社(杵築)に移ったのでしょうか。


出雲国造家は南北朝時代に「千家家」と「北島家」に分裂したそうです。

現在の出雲大社の祭祀は千家家が執り行っていますが、

幕末まではその二家が交代で行っていたということです。

その北島家に残る「北島国造家沿革要録」に次のような記述があります。



続日本紀元正天皇霊亀2年(716)2月丁巳、出雲国造外正七位上出雲臣果安、斎竟わり神賀詞を奏し、神祇大副中臣朝臣人足、その詞を以て奏聞す。この日百官の斎焉、果安より祝部に至り一百一十余人に位を進し禄を賜う。各差(しな)あり。伝に云わく、始祖天穂日命斎を大庭に開き、此に至り始めて杵築の地に移すと云う。


杵築の地に新しく神の宮を建てたのかどうかは不明ですが、

少なくとも出雲国造家の本拠地は8世紀のはじめまでは意宇であり

その祭祀の中心も熊野大社だったと言えそうです。

そのことを裏付ける記述が日本書紀にも見られます。


斉明天皇5年(659年)の条

是歲、命出雲國造(闕名)修嚴神之宮。狐嚙斷於友郡役丁所執葛末而去、
又狗嚙置死人手臂於言屋社。(言屋、此云伊浮瑘。天子崩兆)

(現代語訳)この年、出雲国造に命じて神の宮を修造させられた。
狐が葛(宮造りの用材)をかみ切った。
また、犬が死人の腕を揖屋神社に置いて行った。
天子崩御の前兆である。



揖屋神社(言屋社・いうやのやしろ)とは

熊野大社や神魂神社などと共に意宇六社の一社。

意宇は「おう」と読みますが、一部地名では「いう」とも呼ばれるようです。

揖屋神社が出てくることから、修造を命じられた「神の宮」とは

意宇の熊野大社であって、出雲大社(杵築)ではないと思われます。


8世紀以前の出雲国造家の祭祀の中心は熊野大社でしたが、

古くから杵築にも神の宮があったがのかも知れません。

しかし出雲大社(杵築大社)は、古事記・日本書紀の編纂後

まるで記紀神話に合わせるように創建された神社である可能性もあります。


私は古事記や日本書紀は、

真の歴史を隠蔽するために編纂されたのではないかと思っています。








hon1.jpgdannkai.jpg4881273b.jpg
.                                                                .                                               .


.

この記事へのコメント

  • アマゾン大元出版ファン

    すでにブログ主様は大元出版の本を読んでご存知かと思いますが、一般の方向けに・・・。

    出雲大社(杵築大社)は716年正月創建。(これが正史 、どっかのHPは作り話。)

    (神社創建に関する莫大な費用をほとんど全額負担した、旧出雲王国の東西2王家の証言です。2王家とは、東出雲の富王家 、西出雲の神門臣王家の事です。

    出雲王国時代ーーー紀元250年頃までは、国造家は秦国からの渡来系一家臣団でしたが、広域出雲王国滅亡後は紆余曲折あって仮の出雲代表にさせられ、その後年月かけてついには大恩ある旧出雲王家を排除してしまいました。神社も事実上はく奪、こうなると祭神入れ替えや逸話のねつ造も自由自在です。

    出雲大社建立は、この元家臣団の出雲国造家から旧出雲王家への持ち掛け話だったとの事です。簡単に言えば国造家の先々の失業対策で神官に鞍替えをしよう、・・・という事らしいです。大宝律令制定の絡みみたいですね。詳しくは大元出版 古事記の編集室 出雲と蘇我王国 を御参考までに。

    持ち掛け話をしておきながら、国造家はほとんど金を出さず、
       2王家(富王家 、神門臣王家 )がほとんど建立費用の全額を負担した   のは、
    出雲国造家は出雲国内で人望が無く又、広域出雲王国滅亡に加担した国造家ーーー敵方に内通したーーーはその後冷遇されていたので、金を出すにも出せなかったか、金の出せない振りをして2王家に出させる策略だったか・・・、という事になります。
    旧王家側の史実情報 大元出版の本を読めば、この人達は陰謀・策略の類が得意だと誰でも知る事になるでしょうね。

    そう言えば僕も数年前、この人達に一杯食わされたんでしたっけ。
    平成の大遷宮 御本殿天井図 八雲之図 八雲の図 八雲の天井図 公開・・・。八雲なのに七雲、なぜだか理由はわかりません、~という説や~~という説などがありますが、定かではありません・・。僕がまだ大元出版の本にまだ出会っていない頃の話です。

    結論は国造家の自作自演で、元々八雲だったのを後の世に七雲に描き替えたのは、この人達の先祖だそうです。出雲大社の共同経営上の力関係を陰謀策略により逆転させてから、規約違反等も横行するようになったとか。
    であれば創建当初の主祭神 8代目出雲王 八千矛王 も何百年も前から祀られていないかもしれませんね。

    創建当初の旧出雲王家との約束の1つは、主祭神の無断変更を禁ずる・・・、だったそうですが。)


    *** 一般によく耳にする国譲り絡みのエピソードは史実ではありません。 ***

    (大元出版の著書)
    幸の神と竜 、サルタヒコ大神と竜(幸の神と竜 の簡略版) 、出雲と大和のあけぼの 、出雲と蘇我王国 、親魏和王の都 、古事記の編集室 、お伽話とモデル 、山陰の名所旧跡(※出雲王国側の情報あり) 、事代主の伊豆建国 、万葉歌の天才 、飛鳥文化と宗教争乱   など。

    **********************************************************
    古代日本の最高神 幸の神(サイノカミ)

    幸の神三神 : 父 クナトノ大神 、母 サビメ大神(幸姫命) 、息子 サルタ彦大神 ※サルタは出っ張りなどを表す、元々は猿と関係無し。

    クナトノ大神の子孫が出雲王になり、日本で最初の国家出雲王国の建国、紀元250年頃まで約700年の長きに渡り繁栄しました。出雲王国は東西2王制、東出雲 富王家 、西出雲 神門臣王家 により基本交代でそれぞれ主王と副王に就任していました。

    大元出版の本は旧出雲王国の東西2王家側の史実情報です。

    まだご存じない方は是非お読みになって下さい。
    2018年01月25日 02:30
  • 龍水


    >アマゾン大元出版ファンさん
    >
    コメントありがとうございます。
    こういった深い知識を、ブログ等で是非配信していただきたいです。
    既にブログやHPをお持ちでしたら、URLを教えてください。
    大元出版の本(と言いますか、斎木 雲州氏の著書)について、次に出雲に行ったときにどこかの神社で話してみたいと考えています。
    ただし、相手を選ばないといけませんよね。
    一昨年の出雲巡りでは六所神社(現在は日御碕神社にいらっしゃるかも)のご神職とは、古代史談義ををさせていただきました。
    現在もFB等で交流はさせていただいているのですが…。
    2018年01月28日 00:03
  • アマゾン大元出版ファン

    投稿が採用されていたとは知らず失礼しました。
    現在ブログ作成等はやっていません。大きな理由の一つに、ネットの世界を検閲している人が、(たとえ真実でも)不都合な記事を広まらないように、常に監視操作しているからです。例えばあの日、検索サイトで出雲大社で検索すると、比較的上位のページにこちらの記事がヒットしました。それで投稿すると、次の日には同じ語句の検索一覧を何十ページか見て行っても、こちらの記事は除外された状態でした。もちろん投稿コメントはまだ採用されていない状態で、です。僕が投稿した段階で、ネットを検閲している公務員?が細工したと考えられます。・・・、と投稿すると一定期間だけ元の状態に戻したり・・・、と権力持っている人にもて遊ばれるわけですよ、おそらく。
    以前のこちらの記事、 神魂神社 ただの穴です は、検索語句 神魂神社 単独でも上位2~4ページに載った事があります。(他の方も含めて例の大元出版系のコメントが載った後です。)
    しかし数日で下げられて行き、神魂神社 穴 という検索語句ならほぼ上位ページという状態に変わって行きました。
    検索サイトで出雲大社などの語句で検索しても、無難な見方系記事ばかりずっと表示されるのも、検閲の結果ですね。
    ・・・という事で、現状は大元出版の本を旧出雲王国の2王家側の史実情報だという根拠から、お勧めするに留めるのが良いのではと考えています。
    大元出版 出雲と蘇我王国 を読めば、出雲大社 熊野大社 神魂神社 辺りの事も、だいぶ分かって来るのではと思います。
    お忙しいようですがその後お読みになられましたか?
    出雲へ行かれた際には、旧出雲王家の方がこの本でこうおっしゃっているがどうなんですかね?と言うように質問すると面白いかもですね。・・・たしかに相手は選ばないとですね、出雲大社千家 北島、美保神社、熊野大社、神魂神社、その他パンフレットに出ているようなメジャーな神社は話すだけ無駄でしょうね。今は富王家、神門臣王家系の神官はいないはずなので。反 国造派とでもいう人達なら可能性はありますが、最初から心を開いてくれるかどうかは疑問です。いずれにしても頑張って下さいませ。
    2018年02月01日 02:05
  • 龍水



    >アマゾン大元出版ファンさん
    >
    記事やコメントが検閲されてるなんて考えたこともありませんでした。どこかの国じゃあるまいし、って感じで。
    まぁ、これからも書きたいことを書きます。
    2018年02月10日 20:23

この記事へのトラックバック