たまには普通の旅もする


IMG_2699.jpg
出雲大社



先日、出雲に行ってまいりました。

例によって仕事が終わってから出発し、

米子で例のHOTEL・・・ではなく「前線基地」に1泊。

いつもの龍水家の「マル秘大作戦」です。

(マル秘大作戦についてはこちら➡「マル秘大作戦~ 神社ブロガーのウラ話(2)~」)


翌早朝に「基地」を出て美保神社、佐太神社(出雲国二ノ宮)から

松江市の意宇(おう)六社を回りました。



IMG_2648.jpg
神魂神社



意宇六社とは出雲大社のある杵築に出雲国造が移るまで

出雲国の中心であったとされる意宇地域にある神社。

熊野大社(出雲国一ノ宮)、神魂神社、揖夜神社、

六所神社、眞名井神社、八重垣神社のこと。

上記八社はいずれも素晴らしい神社でしたので

全て本家「龍水御朱印帳」の方で参拝記録をアップする予定です。

さらに1泊して翌日の朝から出雲大社に参拝。

本当は石見国一ノ宮の物部神社まで足を伸ばしたかったのですが、

時間がなくて断念・・・。

天候が悪く、朝のうちは前日からの雨が残っていたため出発を遅らせたためです。

いつもなら翌朝の早朝参拝と無人の境内を撮影するためにビジホを利用するのですが、

今回はなんと玉造温泉に宿泊しました。




IMG_1705.jpg




ここのところ立て続けに職場の同僚たちが城崎温泉に行き

カニと温泉を堪能したという自慢話を聞かされていました。

私も温泉旅行はしてみたかったのですが、

早朝から出かけたいために朝食付きの宿には泊まれなかったのです。

どこに行くにも神社がメインだったからです。

高い宿泊代を払って朝食を食べずにチェックアウトするのはもったいない話です。

普通なら

「旅で温泉やその土地ならではの料理を楽しまないなんて考えられない」

と思う方がほとんどだと思います。




IMG_2472.jpg
美保神社



しかし私の場合は、

「はるばる遠方まで出かけて、撮りたい写真を撮らないなんて考えられない」

ということになるのです。

「撮りたい写真」とは「無人の神社境内」であり

無人の境内を撮るためには早朝参拝ということになるのです。

例えば伊勢神宮だと、6時から6時半には宮域に入ります。

それでもけっこう参拝者の姿が見られます。

地方の無名の神社なら時間を気にしなくてもよいのですが、

有名な神社だと平日でも8時くらいまでに到着しないといけません。



IMG_2697.jpg




上の写真は出雲大社境内の銅鳥居です。

時間は9時半頃だったと思います。

これだけ参拝者がいると、どれだけ待ってもシャッターチャンスは望めません。

今回は出雲大社は遷宮後のお姿を拝し

撮影ではなく参拝をさせていただくだけと割り切りました。

いつも家内には迷惑をかけているので

今回は「普通に」温泉と料理(出来ればカニ)を堪能したいと思ったのです。



IMG_1697.jpg



宿泊したのは玉造温泉の千代の湯という宿。

到着してすぐ、予約していた貸切風呂に入りました。

意宇六社がいずれも素晴らしく、

しかも私としては珍しくご神職とお話をさせていただいたりしたので

予約時間ギリギリの到着でした。




IMG_1702.jpg




千代の湯には3つの貸切風呂があります。

私たちが利用したのは最も広い「一乃湯」です。

檜の内湯と陶器の半露天風呂がありました。

この宿の温泉は源泉かけ流し。

とても気持ちのいいお湯でした。

ただし40分という制限時間は私には十分でしたが、

髪を乾かしたりする家内にとっては少し物足りなかったようです。

温泉なので、濡れた髪にタオルでも巻いて部屋に戻ればいいと思うのですが・・・。




IMG_1712.jpg




せっかくの温泉なので、翌朝5時に朝の男湯「千福の湯」へ。

千代の湯にはもうひとつ「薬師の湯」があります。

朝夕で男湯と女湯を入れ替えているそうです。

私があがる直前にお一人入って来られましたが

ほとんど貸切状態でした。




IMG_1713.jpg




雨模様の早朝ということもあって

露天風呂は寒く暗かったのです。

しかし露天風呂と言っても外にあるだけで、景色がいいわけでなく

雨なども特に気になりませんでした。

こちらは若干深く、大柄の私にはちょうどいいお風呂でした。

貸切状態なのでちょっと泳いでみました。

誰でもやることだと思いますが・・・。



こういう「普通の」旅は、結婚以来初のことです。

3月中旬を過ぎていたので食べられるかどうか心配しましたが、

ちゃんと夕食にはカニが出て大満足。

翌朝のシジミの味噌汁も最高でした。

温泉もそうなのですが、ちゃんと食事が付いた宿に泊まるのも

よーく考えてみたら結婚以来初のこと。

神社巡りの「犠牲(?)」となって、家内には迷惑をかけております。

家内も無人の境内の撮影を楽しんではいるのですが、

今後はもう少しこういう普通の旅も楽しもうと思います。










.




この記事へのコメント

  • ゆりあ

    物部神社。
    私もここにぶつかっているんです、この頃。
    諏訪にもある物部の影。
    神長官家の養子とモリヤ山、物部守屋神社。
    あーーーー!

    で、前線ホテル。
    泊まってみたいもんですね。
    行ったことないんだ。
    2016年04月01日 20:20
  • 龍水


    >ゆりあさん

    次回は出雲大社の近くに「前線基地」を設営し、
    無人の出雲大社境内を撮ってみたいです。
    そして物部神社。
    社伝では大和から御祭神が石見国を平定に来たとされていますが
    物部も蘇我も出雲の匂いがプンプンするんです。

    ところで「前線基地」
    泡の出る大きなお風呂とでっかいテレビ、
    部屋に冷蔵庫と電子レンジもあってビジホよりずっといい。
    「前のり」には絶対にオススメです。

    2016年04月02日 00:10