飛騨国一ノ宮~普通の旅っぽい無謀な旅~

IMG_3064.jpg




こういう山を見ることが長年の夢でした。

(「見る」ことです。「登る」ことではありません)

一昨年から期限を決めずにゆるーく始めた「一之宮巡り」で

昨年の11月に思い切って飛騨国まで足を伸ばしました。

せっかく飛騨まで行くのですから、憧れの南アルプスを見ない手はありません。

しかし、どこでどの山を見ればいいか皆目わかりませんでした。

ガイドブックやらネットやらで探しまくった結果、

「新穂高ロープウェイ」を見つけたのです。

しかし、その場所は奥飛騨と呼ばれる地域で

地図を見ると気が遠くなるほどの距離・・・。





IMG_3079.jpg




しかし飛騨に行くというまたとないチャンスなので、

思い切って「新穂高ロープウェイ」に行くことにしたのです。

ETCの深夜割引が適用される午前4時前に高速道路に入り、

名神高速から東海北陸自動車道を経て飛騨清見ICへ。

そして心細くなるような山道を走り、山をいくつも越えて

ロープウェイに到着までの所要時間はなんと6時間超。





IMG_3081.jpg




家内と二人で5800円支払って標高2000mを超えるという

山頂展望台を目指しました。

展望台からの景色は圧巻のひとことでした。





IMG_3070.jpg





山好きでもない私でも聞き覚えのある有名な山々に囲まれ

遠くは石川県の名峰・白山も眺めることが出来ました。

しかし登山とか山歩きをしながらとかの眺望ではなく、

展望台で一通り景色を眺めて写真を撮り終わるとすぐに手持無沙汰感が・・・。

で、結局20分ほどで展望台から降りてしまいました。

もったいない話ではありますが、

この日の宿は下呂温泉。

所要時間は3時間超を予定していましたし、

なんと言っても飛騨国一ノ宮への参拝もしなくてはいけません。






IMG_0105.jpg



新穂高ロープウェイから約2時間後、

やっとこさたどり着いた飛騨国一ノ宮・水無神社(みなしじんじゃ)。

島崎藤村の父が宮司を務めていたこともあったそうです。

広い境内ですが、参道はなし。

特に変わったところはないのですが、

やはり畿内の神社とは雰囲気が違うと感じました。





minashi.jpg





第二次世界大戦終盤の空襲などのため、

熱田神宮の御神体が一時この神社に疎開されたこともあるそうです。

旧社格は国幣小社ですが、その社格以上に重要な神社ということなのでしょう。

水無神社参拝にあたり、

師匠から拝殿に向かって左側の境内社に注目するよう言われていました。




minashi1.jpg




一般参拝では神門からの参拝しか出来ず、拝殿の前まで行けません。

拝殿左のお社をはっきりと見ることは出来ませんでしたが、

皇室に関するメッセージを発せられていたように感じました。

御朱印をいただく時に、巫女さんにお話を伺いたかったのですが

七五三の対応に追われていらしてお話しできませんでした。

すごくかわいらしい巫女さんだったので、すごく残念です。


これが畿内の神社だったら

「もう一度 来なさい」とか

「出直してまいれ」

と、神様がおっしゃってるのだと解釈するのですが

簡単に再訪出来る場所ではありません。







IMG_2136.jpg



飛騨国一ノ宮参拝後、下呂温泉に向かいました。

途中、ランチには「飛騨高山ラーメン」を。

苦手な魚介ベースのスープでしたが、案外抵抗なく食べることができました。

特徴は細めのちぢれ麺。

麺のことより、私はやっぱりこってり系のスープが好みです。

だけどせっかくの遠出なので、「ご当地」のものを食べる。

いつでもどこに行っても「王将」や「サイゼリア」で

早く・安く済ませるだけじゃつまらないですから。

下呂温泉に向かう途中、上呂、中呂という地名も見かけました。






IMG_0033.jpgIMG_0032.jpg



下呂温泉に到着後すぐ、貸切風呂で疲れを癒しました。

食事の前には珍しく温泉街を散歩しました。

散歩と言っても、実は必要にかられてのこと。

ホテルの部屋にあるビールがめちゃくちゃ高かったため(中瓶800円也)

近くのコンビニで缶ビールを買って、こっそり持ち込んだのです。

それにしても下呂での写真がこんなものしかないとは・・・。


ロープウェイ(観光)、ご当地ラーメンに温泉。

どこに行っても神社と水汲みしかしない私にしては

すごく普通の旅っぽいです。

しかしその実態は、早朝(?)3時半から12時間超に渡り

ほとんど車を運転していたという過酷な旅でもありました。










コンビニ.jpg


.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447538258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック