おのころ島神社で夫婦の危機・・・

淡路島にある自凝島神社(おのころじまじんじゃ)。のどかな田園地帯にある小さな神社にこの大鳥居。しかしこの小さな丘が、日本の始まり「おのころ島」だとすればこれくらいの鳥居があっても納得できるのであります。 ■国生み神話あらすじ(古事記) 地上が混沌として不完全だったとき、イザナミノミコトとイザナミノミコトは天の浮橋に立ち、天の沼矛を降ろしてか…

続きを読む

貴船神社・奥宮(縁結び♡°5」)

貴船神社奥宮・本殿 貴船神社の現在の本殿は、平安時代1055年に建てられたそうです。それまでは現在の奥宮が「本宮」だったそうです。1055年と言えば、和泉式部が生きていたとしても80歳近い年齢なので前回ご紹介した和泉式部の参拝は、この奥宮だったのだと思います。奥宮本殿は、大きな龍穴の上に鎮座しているのだそうです。文久年間の修理の時、大工が誤ってノミを龍穴に落とした時突風がノミを吹き上げ…

続きを読む

縁結び ♡°3

私が今、師と仰ぐ人がこう言っていました。「傷だらけの人生を生きてみてはどうですか」終焉を迎える時、「俺は生きたんだ」と思える人生ってどんな人生だと思いますか?「80年間何事もなかった」と、ほっと胸をなで下ろす人生でしょうか?それとも様々な失敗や苦難を生き抜いた「波乱万丈」の人生でしょうか?過去にとても辛い思いをした経験があるでしょうか?それを乗り越えて来たあなたの周囲でもし、過去…

続きを読む